育児休暇中のキャッシング

育休中はキャッシング出来る?

 

お金が欲しい時というのは、お金がかかる特別な時期だったりします。特に育児休暇の最中はお仕事を休んでいるわけですので当然給料が入ってくることはありません。給料がはいってこないということは生活が苦しくなってしまいますよね。そんな時にキャッシングを使って少しでも生活の足しにしたいなどと考える人は少なくないはずです。しかし、育児休暇で収入が無い状態でキャッシングができるのか。普通に考えたら収入がないので、返済することができない。つまり借りることはできないという考えになるはずです。

 

育児休暇後に復帰できる見込みが強ければ借りられる可能性はなくはないです。それでも厳しいと思いますが。働いている夫が借りることはできるはずです。働いている夫が借りるのであれば収入もあるため、返済計画によってはキャッシングできます。しかし、それでも絶対に借りられるわけではないです。返済に追いつかなくなる可能性があるからです。なので可能性がないわけではないですが、キャッシングサービスの人達と相談することが大切です。

 

ですが消費者金融と呼ばれる所では収入がある事が第一条件なので借りるのは難しいと思っていた方が良いでしょう。

 

育児中は消費者金融では借り入れ出来ないから専業主婦でも借りれるカードローンなら可能

 

たとえ普段は働いていたとしても、育児中は仕事ができないため仕事を辞めて育児に専念することもあるでしょう。そのような事情があるにせよ、一旦専業主婦になってしまうと消費者金融会社からお金を借りることはできません。

 

消費者金融会社の融資対象者は安定した収入がある人となります。収入がゼロの人は総量規制の関係上、融資してもらえません。そのため、育児のために仕事を辞める予定のある人は、その前にしっかり貯金をしておき、準備しておくことが大切になります。

 

貯金をせずに仕事を辞めてしまうと、後からお金が必要になっても消費者金融会社をアテにすることができません。ただし、お金を貸してくれるのは何も消費者金融会社だけではありません。

 

総量規制の対象はあくまで消費者金融会社となりますので、その対象外である銀行ならば育児中の主婦であっても利用する事は可能です。

 

自分一人で生活をしているときと違い、育児というのはなにかと費用が発生するものです。おまけに奥さんが仕事を辞めて育児に専念してしまうと、収入も減ってしまい、やりくりが大変になります。そのような時に銀行系のカードローンを用いて必要な金額を借り入れることで、育児にかかる費用を工面することができます。

 

育児中にお金が足りなくなったら、消費者金融会社ではなく、銀行系カードローンを頼りましょう。

 

専業主婦でも借りれる銀行系カードローンって何がある?

 

銀行系カードローンは利息も低く一人に対しての融資額が大きいことで信頼の厚い個人に対しては貸出の上で一番利便性の高いと言われている金融商品でもあります。ですが金利の低さやメガバンク出資であるなどの安定性と引き換えに非常に高い敷居があるともされており、フリーターや専業主婦では借入が難しいとも言われているのです。

 

ですが実際に専業主婦の方でもお金が入用にはなるものです。諸事情はあるかと思いますが実際にそうした方でも借入はできるのでしょうか。

 

消費者金融(大手ならばモビット・アイフル・プロミスなど)ではもちろん働いていない専業主婦は借り入れは出来ません。

 

専業主婦が借り入れ出来るのは消費者金融ではなく銀行系のカードローンです。この二つはキャッシング業務という意味では同じに見えますが実は違うのです。

 

専業主婦が銀行系カードローンに申し込み出来るのは、銀行系カードローンは総量規制対象外だからです。

 

消費者金融は貸金業者ですので総量規制に引っかかるため専業主婦は消費者金融では借りられないという訳です。

 

専業主婦でも借りられるカードローン

 

・新生銀行レイク
・イオン銀行カードローン
・楽天銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・オリックス銀行カードローン
・三菱UFJ銀行バンクイック

 

などがあります。

 

即日融資可能でスピーディに借りれますので専業主婦にも人気です。

 

ただ、専業主婦ですと、総量規制対象外だと言っても、融資限度額はそれほど高くありません。

 

育児が落ち着いたパート主婦ならば消費者金融でも借りられる

 

銀行系カードローンは専業主婦でも申し込み出来ますがパートで働いている主婦ならば消費者金融でも申し込み出来ます。

 

銀行系カードローンでの借入は実際には難しいと言っても過言ではありません。というのも銀行系カードローンは貸出可能枠を大きく設定することが殆どで、その枠に対して総量規制外にならないように厳しい審査を行います。

 

そのため働いていたとしても正社員か契約社員・派遣社員か、はたまたフリーターなのかなどによって大きく審査基準が変わるとされているのです。その状態で職業欄に記載できるものが無いとなると返済面での信用というのは大きく下がってしまい、結果として借入は難しくなる場合があります。

 

審査に落ちてしまって借りる事が出来ないけれどどうしても必要なのであれば少額を中小系・大規模個人金融業者で調達するほうが無難かつスピーディに対応することが出来る場合がほとんどなのです。