借金では死なないでほしい

借金で自殺はいけない

 

金が原因で死ぬなんて考えたら絶対ダメっすよ!!
一人で抱え込むと辛くなるけど、自己破産もあるし、なんなら生活保護だってあるんすよ


 

日本は海外からも自殺大国と言われるほど自殺率が高いと言われています。その問題はたくさんありますがその中でも多いのが借金苦による自殺です。日本でも借金・金融関連に関しての法整備は進んでいますがまだまだ借金苦に悩まされている人に対して救いが届いていないのが実情のようです。

 

ですが、実際に自殺者が多いというのも問題ですが、その多くが借金で悩んでいるためということであるならばその救済策はないのでしょうか。実際はそんなことはありません。救済策はあるのですがただし必要としている人間に情報が行き届いていないのです。

 

救済策としては例えば債務事故扱いにはなりますが自己破産・個人再生などの法的措置を講ずるというものです。専門家の力を借りることになるので費用はそれなりにかかってきますがそれでもこれ以上借金を増やすことはありませんし今までの借金が仮に高額であったとしても一切合切処理を行うことが出来ます。

 

その他にも各ローン会社の中でもおまとめローンに対応しているローンでまとめて借入をしてその他を返済し切るというものです。こうすることで返済口もひとつになりますので負担が減ります。その他にも方法はありますので、自殺を考えるくらいであれば生きるための方法を考えることが大切ではないでしょうか。

 

お金が返せずにいれば暗い気持ちになる事も分かりますが、借金のために死ぬ事は絶対いけません。
金融会社以外から借りて返さないでいるのは恨まれたりするかもしれませんが、金融の場合は借金が返せなくても誰も襲って来たりはしません。

 

日本は平和な国なのです。借金返済が出来ない人のために自己破産する方法があり、法的に認められているのですから死を選ぶくらいなら何とかなると気持ちを大きく持ってください。

 

借金で首が回らない

 

借金でお困りの方はこのご時世どんどん増えていると言われています。というのも最近はボーナスカットや給与減額などが多くそれまでの支払いや生活費に余裕がなくなっているためにドンドンと借金だけが増えている人が多いというのが実情です。

 

火の車という言葉がありますが現状はそうも言っていられないほど厳しい状態の人がとても多いと言われています。借金だけは増えて返済が間に合わず、収入は下がるために元本が下がらないという現象が起こるのです。

 

もし返済が利子などがなく元本だけで相殺できるというのであれば何も問題はないのですが、そうは行かずに利子だけの支払いを延々と行ってしまうため、その状況を打破することが大切です。その方法というのがおまとめローン、もしくは最終的な手段ではありますが債務整理を行うというものです。この場合の債務整理は法律家の手を借りることになりますので一時的に負担額は大きくなりますがそれでもその後に支払うべき負債を解消することができるので最終的にいろんな方が経験されます。

 

ただし、借金で首が回らなくなった原因というのは少なからず消費者側に大きく問題があるのも事実です。自分のお金周りを今一度見なおして体制を立て直すことも必要なのです。

 

借金相談は無料で行われている

 

借金に困ったときは弁護士に相談、というのはたくさんテレビコマーシャルなどでも放送されていますし、最近の人々の中には認知されている知識かと思います。ですが相談するにしても法律家への相談というのは無料のところもあれば有料のところもあり、その後対応するかしないかに関わらず料金がかかることを考えると非常にリスクがありますよね。

 

ですが相談だけであれば無料で行なってもらえる場所があるのです。それが各市区町村の役所です。必ず併設されているというわけではありませんが借金に対しての相談窓口を併設していることがあり、お住まいの市区町村の方であれば相談を無料で行い、必要であれば法テラスなどの法律家への相談をあっせんしてくれることがあるのです。

 

その窓口が直接借金に対しての手続きを行なってくれるわけではないのであくまでも行なえるのは相談のみではありますが、誰かに打ち明けることで気持ちが楽になり前向きに対処できるようになる効果もありますし、実際に対応方法を知らない方が相談窓口を介して手続きを進めて借金返済が非常に楽になったという事例も多くあるくらいなので、相談するということは今後の自分自身の財布に対しての救済にもなるのです。

 

借金で首が回らない時は債務整理した方がいい

 

借りたものは返す、それは借金でなくても何事でも鉄則ではあるものの、こと借金については借りたものを返すためのお金を調達するのは容易ではありません。そのため返済が滞りお困りの方というのは後を絶ちません。

 

そんな方のために法律上でも債務整理の手続きを取り揃えているわけですが、今後現状で返済を行なうことがどうしても難しいと判断される場合においては悩んでいる時間もあまり有意義とはいえません。その悩んでいるタイミングにも金利が発生し、場合によっては返済できないことに対しての督促が行なわれてしまうこともあるのです。

 

そうならないためにも首が回らないと判断された場合は即座に相談して債務整理を受けるようにしましょう。稼いでくるお金自体は返済に充てることももちろんですが生活費を捻出しなければならないのも事実です。そのお金を出すためにも、今のお金を生活費以外で消費されてしまう割合をカットしていくことを考えるのも非常に大切なことなのです。

 

ただし、債務整理で借金はカットできる可能性はあるものの無償で出来る手続きではありません。法律事務初頭への報酬を継続して支払う覚悟があるのであれば、しかるべき窓口に相談してみるようにしましょう。