身内のギャンブル中毒を治すには

 

結論から言うと、ギャンブルができない環境で生活させることです。
簡単な手段は引っ越しで、生活範囲内にパチンコ屋がないような場所に住むのが一番早く治せます。

 

勿論色々な事情が重なりそれは無理だという方が大半でしょう。
しかしギャンブル場が存在する環境で依存症を治すことは困難で、まず周りが疲れ切ってしまいます。
次善策として、ギャンブルできる程の金銭を持たせないという手段がありますが、これは常にこの状態を維持しなければいけないので相当辛い事になります。

 

依存症の言葉は信用できない

ギャンブル依存症の一番の問題点は、本人には自分でやめられる自制心が残っていないという事です。
本人の自制心に期待することができないので、ギャンブルの場がある限り絶対にギャンブルに手を染めてしまいます。
そしてまたやってしまった…と心底後悔し、その気持ちが晴れた頃にまたギャンブルをしてしまい延々とループする事になります。

 

厄介なのは、もう絶対にギャンブルはしないという身内への誓いが嘘ではない事です。
それを宣言した時は本人は本気で思っている事が多く、その後大抵誘惑に耐え切ることができずに結果的に嘘になってしまいます。
こうなってくるともう本人の言葉は信用できず、お金を必要最低限以外持たせない事しかできません。
しかしこの方法は、本当にギャンブル以外でお金が必要な時も前科があるために信用できず、家族関係が無茶苦茶に壊れてしまうケースが多々あります。

 

身分証明書も取り上げるしかない

この時期は、あらゆるギャンブルに至る可能性を排除しなければいけません。
そうなると現金だけでなく、キャッシングに繋がる身分証明書の類も可能なら取り上げる必要があり、身内にとって地獄のような時期の始まりです。

 

実際素直に渡してくれることは少なく、本人は酷く抵抗することが殆どです。
言葉ではそこまで信用がないのか、などと言って泣いたり怒ったりしますが、本心の所ではギャンブルとの繋がりを切りたくないが為に情に訴えているだけであるパターンもあり、あらゆる手段をもって回避しようとします。
しかし抵抗が酷い程ギャンブル依存が切れていない証明でもあり、むしろ心情的には泣きたいのは身内の方でしょう。

 

特効薬はギャンブルに触れない時間

ギャンブル依存症状態は強烈にギャンブルの欲求が膨れ上がる特徴がありますが、他の中毒症状に比べ持続性がありません。
短い人なら1か月、長い人でも半年ギャンブルに一切触れなければ、嘘のようにギャンブルに対する興味が薄れます。
但しこの最初の触れない期間を作ることが非常に困難で、重度の方の場合それこそ寝る時間以外全てを監視しなければいけないレベルの方もいます。

 

一定の期間を過ぎれば、どうしてあんなにギャンブルにのめり込んでいたのか分からなくなるほど熱が醒めます。
しかし再発性は高く、興味を失っていてもまた何かのきっかけでギャンブルを行ってしまうと逆戻りなのです。
そういう意味で日本ほどギャンブルを避けるのが難しい国もなく、普通に歩いているだけでパチンコ屋が存在する日本は辛い場所といえます。

 

精神科の専門治療

触れない時間を作るためには、専門のクリニックを受診するのも手です。
最近はギャンブル依存症への理解も徐々に深まっていて、ここ数年でギャンブル依存症外来もかなり増えました。
身内で対処しきれないのであれば、専門家にお任せしましょう。
単なる博打狂いだと思われていたギャンブル依存症が、今は精神性の病気として認められつつあります。

 

また本人以上に、ギャンブル依存症が招く周りへの被害は甚大です。
クリニックによっては家族外来もあるので、無理をせず相談してください。

 

完全には治らない

 

またギャンブル依存症は、ギャンブルで得た快感を脳が忘れることができないので完治は難しい病気です。
ギャンブルから離れることができれば日常生活には戻れますが、常に爆弾を抱えた状態である事に違いはありません。
治療後もなるべくギャンブルに関わるようなきっかけは避け、持病と付き合っていく感覚で臨んでください。

関連ページ

パチンコ中毒
パチンコに勝つっていうのは実は運が悪いって事!
パチスロ生活に夢などない
働かなくても食べていけるんじゃないか?って錯覚
ギャンブルの悪影響 〜人間関係編〜
ギャンブルで友人関係にひびが入る事もある
ギャンブルの悪影響 〜性格編〜
ギャンブルをする人の性格はどうやって変わっていくのか
余暇の遊び方としてのギャンブル
ギャンブルを趣味として遊ぶ
パチンコで全てを失った体験談1
パチンコで色々失くした話
パチンコで全てを失った体験談2
パチンコで色々失くした話パート2
パチンコ屋と共に成長した消費者金融
パチンコ屋が儲かれば消費者金融も儲かる
公営ギャンブルの一発逆転性
いつかは負けをチャラに出来るという思い込みが間違いの元