延滞・滞納

返済が出来ず滞納しそう

 

現在のキャッシングサービスは提携ATMも多く、必要に応じて気軽に利用できるようになりました。ですが、ついうっかり約定日に返済を忘れてしまったり、どうしても返済日にお金が用意できなかったりという事が無いとは言えません。しかし理由はどうであれ、約束の期日に返済することは契約時に決められていますので言い訳はできません。では、具体的にはどうなるのでしょう。

 

各消費者金融のホームページなどを見ると、借入金利の他に「遅延損害金」というものが記載されており、各社さまざまですが概して普通の金利よりも高く設定されています。約定日を超えた日数分はこの遅延損害金を支払うことになり、ペナルティー的な要素を持つ金利といえます。

 

また、支払いが遅れる事を連絡しないまま約定日を過ぎてしまった場合、電話などで連絡を受ける事もあります。貸付けている側から見れば「なぜ約束の日に返済が無いのだろう」と考えるのは当然のことですが、状況によっては周囲に知られてしまう可能性もあります。

 

更には繰り返し返済が遅れるようになると、契約者の返済能力に疑問を持たれるようになり、信用情報機関に支払遅延の情報が記載される可能性もあります。いわゆる「ブラック」とまではならなくても、その後あらたに審査を受ける際には不利な情報となり得ます。
返済日が遅れることはデメリットしかありませんので、きちんと返済計画を立てて利用しましょう。

 

遅れると借金の取り立ては厳しくなるのか

 

借金に苦しむ多くの人が頭を悩ませるのは取り立てです。ドラマのように玄関のドアをドンドンと叩きながらやかるようなものはなかなかありませんが、それでも電話が毎日ひっきりなしにかかってきて会社にまで連絡が入るというのは良くあることのようです。

 

これらの取り立てが厳しすぎるときは場合によっては裁判を起こすことが可能です。程度問題ではありますがこれらで不眠症を起こしたり対人恐怖症を患う人も少なく無いと言われています。これらの非道徳的な取り立ては訴えられることもしばしばあるようです。

 

とは言え元々借入を行っているのも当事者ですから返済の義務はあります。

 

最近は厳しい取り立てのイメージに反して優しさで近づいて情を以って騙してくる闇金も存在するくらいですから、取立ては厳しければ気をつけなければいけないというようなものでも無いのです。

 

違法な取り立ては禁止されている

 

「借りたモンはキチンと払わんかいっ」と叫びながら、怖いお兄さんたちが家や職場で暴れまわるという場面をドラマなどで見かけます。消費者金融で借入れをして万が一返済が滞った場合、こんな事になると思っている方が意外に多いようです。ですが「真っ当な」消費者金融であれば、絶対にあり得ない事ですからご安心ください。正規に貸金業法に則って営業している消費者金融であれば、貸金業法に違反するような取り立て行為はいたしません。

 

でも催告はある

 

しかし法律の範囲内の催告はむろんあります。電話や手紙などでの催告が主ですが、悪質と判断されれば契約解除の上、一括返済を迫られる事もあり得ます。もちろん法で認められた方法の一つです。

 

延滞したら信用情報機関に伝わってしまう

 

また、直接的に怖い思いはしませんが、返済が滞るようになると別の恐ろしい状況に陥るかもしれません。消費者金融では、信用情報機関から契約者の信用情報を得ることで貸付を行いますが、その逆に消費者金融から信用情報機関にも支払状況などの情報が渡ります。

 

仮に3ヶ月程度返済が滞るような事があれば、事故情報として信用情報機関に契約者の情報が記載される事になります。世間一般に言う「ブラックリスト」入りです。消費者金融に限らず、銀行や信販会社などはそれぞれが加盟している信用情報機関の情報しか知り得ないのですが、ブラックリスト入りした契約者の情報は共有されます。ですから、その時点からクレジットカードを含め一切の借入れが出来なくなってしまうのです。

 

このようにその後の人生設計に大きく影響しますので、計画的な利用と返済が必要なのです。

 

本当に返せないなら債務整理を考えてみるという方法もある

 

返済がどうしても難しいようであれば債務整理を行うのが一番効果的な解決方法です。これらで処理を行った債務に対しての取り立ては法律上禁止されますので取立てもストップしますし自己破産であれば官報に掲載されこそするもののそれ以上の負債に対しての負担が全くなくなりますのでどうしても取立てに悩まれる場合は確実な解決方法です。

 

>債務整理体験談はこちら