パチンコにハマると金がなくなる

パチンコ生活苦 親に金を借りるのはみっともないかなあ

 

お金がなくて生活が苦しいとき、親や親類に頼ることもできますが、その理由がパチンコなどのギャンブルが原因となると相談するのがみっともなく感じられ、なかなか借りれないものです。

 

消費者金融会社は目的自由のフリーローンになるため、生活苦で悩んでいる人であってもお金を借りることができます。ただし、それはあくまで生活を立て直すためのお金であって、ギャンブル目的での融資は対象外としている消費者金融会社は多いです。

 

パチンコなどのギャンブルは収入の余剰金でやる分には問題ありませんが、借金をしてまでやってはいけません。生活苦で悩んでいるのであれば、その生活を立て直すのに十分なお金だけ借りるようにした方が良いです。

 

消費者金融会社は会社によっては100万円以上の融資もしてくれます。それも、無担保無保証人ですぐにお金を貸してくれます。

 

借りるだけならばそれほど苦労しない消費者金融会社ですが、返済となるとそうはいかないものです。特に借金の額が高額になればなるほど返済の負担は大きくなります。

 

パチコンなどのギャンブルは確かに一時的に勝つこともできますが、トータルで見ればマイナスになることがほとんどです。特に、生活苦になるほどパチコンに依存しているのであれば、これを機にパチコンを止めることを検討した方が良いかもしれません。

 

 

パチンコは非常に射幸性(当たることや将来的にお金が増える可能性があることに対しての一種の興奮)が高く、尚且つ日常生活にかなり近いギャンブルとして広まっていますので、ギャンブル中毒の対象になることが非常に多い遊戯です。特に若い大学生などは年齢的にも許されつつも時間がある人も多くいますのでハマりだして抜け出せなくなる若者も多いのです。

 

そこで問題なのが大学生などの若者の借金です。その理由がギャンブルということであれば非常に質も悪く、ギャンブルに対しての中毒性はなかなか自力では改善できず、尚且つ借金をしてしまってギャンブルで勝って返済したとしてもまた自分の資金が底をついた時に借入をすることになるので循環を繰り替えることになります。

 

それに大学生などの若者のほとんどの場合は借金をしても容易に返済できるほどの収入がない場合がほとんどです。つまり借りるだけ借りて返済できないケースが多いのです。利子だけを支払い続けて結局元本が減らない、尚且つパチンコのために借金を繰り返してしまい、最終的に自分で改善策を取ることが出来ず自殺に追い込まれてしまうケースなども発生しているほどですので、自分がお金を借りて何に使おうとしているのか、今一度真剣に振り返る機会というのは非常に大切なのです。そうした振り返りがある上で、どのように振る舞うのかを考えることが今の大学生等の若者ギャンブラーには要求されています。

 

大学生のうちはアルバイトしてお金を稼ごう ギャンブルしている暇はない!

 

大学生というのは授業料だけでなく、その他にも様々な費用がかかるものです。特に実家を離れて一人暮らしをしているような大学生の場合、生活費も必要となりますので、奨学金だけでは生活できない事がほとんどです。

 

そんな何かとお金がかかるこの時期はできるだけバイトをして、貯金しましょう。そして、間違えてもギャンブル等にお金を使ってはいけません。

 

確かに大学生というのは最後の学生生活になるかもしれません。だからハメを外して遊びたいと考えることもあるでしょう。しかし、いざ大学生活が終了し、社会人となったとき、必ずや貯金をしてこなかった事を後悔する事になります。

 

例えば内定先を探すための就職活動一つをとっても、多額の費用がかかります。スーツ代から交通費まで、ただでさえ生活費が大変な中で、就職活動の必要な費用を捻出しなければなりません。
そしていざ内定先が決まったとして、次は職場に近い部屋を探す必要があります。部屋が見つかれば、引っ越しをしなければなりません。これらの費用を全て内定先の給料で賄えるのかといえば、まず無理です。新卒で高収入を得られるような職業はそもそもありません。

 

このような何かとお金がかかる社会人となるためには、下準備としてそれ相応の貯金が必要不可欠です。大学生にギャンブルをする暇はありません。一円でも多く将来に備えて貯金をしましょう。

 

大学生でもハマる

 

 

パチンコは非常に射幸性(当たることや将来的にお金が増える可能性があることに対しての一種の興奮)が高く、尚且つ日常生活にかなり近いギャンブルとして広まっていますので、ギャンブル中毒の対象になることが非常に多い遊戯です。特に若い大学生などは年齢的にも許されつつも時間がある人も多くいますのでハマりだして抜け出せなくなる若者も多いのです。

 

そこで問題なのが大学生などの若者の借金です。その理由がギャンブルということであれば非常に質も悪く、ギャンブルに対しての中毒性はなかなか自力では改善できず、尚且つ借金をしてしまってギャンブルで勝って返済したとしてもまた自分の資金が底をついた時に借入をすることになるので循環を繰り替えることになります。

 

それに大学生などの若者のほとんどの場合は借金をしても容易に返済できるほどの収入がない場合がほとんどです。つまり借りるだけ借りて返済できないケースが多いのです。利子だけを支払い続けて結局元本が減らない、尚且つパチンコのために借金を繰り返してしまい、最終的に自分で改善策を取ることが出来ず自殺に追い込まれてしまうケースなども発生しているほどですので、自分がお金を借りて何に使おうとしているのか、今一度真剣に振り返る機会というのは非常に大切なのです。そうした振り返りがある上で、どのように振る舞うのかを考えることが今の大学生等の若者ギャンブラーには要求されています。

 

パチンコ・ギャンブル依存症なら相談してみよう

 

お遊びで楽しんでいる間はギャンブルも面白いです。勝てば快感を得られます。ちょっとリッチな食事に行けたり、人にご飯奢ったり、欲しくても買えずに我慢していたものを思い切って買う事も出来ます。

 

でもそれは勝てばの話。

 

勝つまでには相当なお金をつぎ込んでいます。2000円負けて3000円勝った。またある日は5000円負けたけど4000円儲けた。
そんな「トントン」状態でプラスマイナスゼロならば暇つぶしで楽しむのならば問題ありません。ですがパチンコに飲めりこむとそんなかわいい金額では済まなくなります。

 

3万つぎ込んだ、負けた。取り返すために次の日にも行った。やっぱり2万円負けた。その次の日も・・となると遊びの範囲ではなくなります。
お金持ちで月に200万も稼ぐ人なら一般庶民と金銭感覚が違うので2万円、3万円負けたところで痛くもかゆくもないかもしれませんが、それだけ仕事が出来る人でパチンコに多額のお金を使う人は まあいません。

 

・自分でパチンコをやめられない、
・ダメだと分かっていても行かなきゃソワソワして落ち着かない、
・途中でやめたらいいのにやめられない
・パチンコのためだけにキャッシングした
・パチンコをするのがバレルといつも家族と喧嘩する
・一日中パチンコしても飽きない
・パチンコのせいで生活を脅かしている

 

ひょっとしたら依存症かもしれません。

 

パチンコを辞めたい どうやってやめたらいいのか

 

巷にあふれるほど設置されているパチンコ店、政府非公認のギャンブルを三店方式で運営するその営業方針は誰もが何も思わない公営ギャンブル扱いになりつつあります。

 

実際に行われているのはギャンブルそのものですのでパチンコをきっかけに人生を破綻させてしまう人も後を絶たないと言われています。現在パチンコ業界も衰退傾向にあると言われてはいるのですが若年層のパチンコ離れに対して高齢層の時間がある方々の利用があるため需要自体は減っていないと言われています。

 

ですが実際にはパチンコについつい言ってしまうという依存性のある方々も多くいらっしゃいます。勝てないことをわかっていながら行ってみると躍起になって金銭をつぎ込んでしまい無一文になって店舗を出るというのを繰り返して悩んでいる方々が自己破産を行う事例もあるようです。

 

ただそうなる前にもしそういった生活を辞めたいという意思があるのであれば、心療内科に通ってみるのも一つの方法です。現在パチンコ依存は依存症扱いとなっていますのでカウンセリングの上で適宜必要な治療を施してくれる病院も増えているのです。ただし病院に行ったからといって依存が治るわけではありません。根底で必要なのは自分の「行かない」と言う強い意志です。

 

 

パチンコ依存かもしれないと思ったら相談してみよう

 

パチンコが原因で人生を狂わせる人もいます。

 

もしも抜け出せなくなたら相談する場所があります。

 

ぱちんこ依存問題相談機構:

 

 

特定非営利活動法人 リカバリーサポート・ネットワーク 
http://rsn-sakura.jp/ 050-3541-6420

 

電話で無料相談をしてくれる機関です。実名を名乗らなくても相談出来るので、身内にばれるんじゃないか、個人情報は隠しておきたい、という方でも不安がなくかけられます。