債務整理の不安

債務整理について

債務整理の時、取り立てはいつ止まる

 

いざ債務整理を法律家の人たちに依頼をすると、成立した段階で貸金業者はその人に対して取り立てを行うことができなくなります。法的拘束力がある救済措置ですので届け出を出している正式な金融業者であれば必ず守らなければなりません。

 

だからといって債務整理の依頼をかけてすぐに取り立てが止まるというわけでもありません。債務整理は今までの借金や手持ちの財産などをすべて査定して決められますのでそれなりに長い時間がかかるのです。そして実際に取り立てがストップするのは裁判所で受理されて認定されてからです。つまりは気づかぬうちに混ては支払う必要の無いお金を返済に使ってしまうこともあるのです。

 

先述したとおり取り立てがストップするのは申し立てをしてすぐというわけではありません。それなりに時間も掛かりますしその間は取り立てが入ります。それに対してはまだ法的にも返済義務が残っているので、返済ができるのであれば返済しなければなりません。ですので債務整理というのはこれ異常無理だとなってから手をつけたところでしばらくの間は今までと同じように支払の義務は残り続けるのです。

 

救いの一手でもある債務整理ですが、その効力を有するまでにはしばしの時間もかかるのです。

 

債務整理って費用は高いの?分割出来るかな?

 

債務整理をするしか負債の処理方法が無いとなった時には思い切って債務整理に踏み切るのも次のステップアップのためには必要な決断です。だからといって簡単に決められるものでもありません。なぜなら債務整理は基本的に法律家に依頼することになるのですが依頼自体が高額になることがほとんどですし、依頼をする法律家の種類によっては出来る業務も異なるのです。

 

例えば個人で行う場合でも約27万円、司法書士事務所に頼む場合は20万円から30万円、弁護士であれば30万円から50万円と金額もそれぞれ異なります。この中でも個人で行う場合と司法書士に依頼するのとで料金が安くなる場合があるのは法律家経由の対応だと裁判所に収める報酬額を減免できるためです。

 

ただし司法書士は代理権がありませんので諸手続きは基本自分で行わなければなりません。代理権を行使するためには弁護士への依頼が必要ですがその分費用も高くなるのです。

 

これだけの金額ですから分割などにも対応してもらいたいのですができるか否かは依頼する弁護士事務所によって異なる可能性がありますので必ずしもできるという保証はありません。まずは無料相談等で確認してみるのが良いかも知れません

 

債務整理したほうがいい?迷っている方へ

 

最近法律事務所などのコマーシャルでもよく見かけるようになった債務整理についてですが、これだけメディアにも進出した単語であるだけに見当している方も多いのでは無いでしょうか。それにこれらをきっかけに自己破産や個人再生について調べる方も増え、従来のように「自己破産は人生が終わる」のようなイメージが払拭されつつある今、積極的に行使することは賢い選択と言えるのでしょうか。

 

実際に関しては利用しない方が良いという回答でもありますがケースバイケースですので無料相談等に対応してもらえる法律事務所などでどのような見解が出るかにもよるかと考えられます。確かに債務整理を行った後の負債額に関しては返済もかなり楽になりますので利用価値はあるかと思いますが法律家への依頼費用や手間、時間、実際の調整できる負債金額の内容を加味した上で債務整理を行ったほうが不利になる場合というのも存在するのです。

 

基本的には借りたものは自力で返すというのがスタンスで当たり前の話でもあります。それでも返済できない人の最期の手段でもありますのでそう簡単に使うことが出来ない、敷居の高い救済措置でもあるのです。そのため基本的には使わない、使えないと考えるのが無難でしょう。

 

車のローンがあるけど途中で債務整理すると車は手放すの?

 

マイカーローンなどの目的別ローンは金利の低さに対して元本が高く支払に苦慮されてしまう方も多くいらっしゃいます。特にマイカーローンは元本もすぐ出来る範囲で高額なため財産として車は持っているが負債の返済が追いついていない、車検費などと重なって支払が苦しいという方は多いようです。

 

そんな方々でも債務整理を利用することは方法としては有効的ですが、ただ注意をしたいのが債務整理をすることによって土地や車などの高額財産は押収されるということです。車の場合も例外では無く負債を帳消しにする代わりに個人名義ですでに車を所有しているということであればこれらは押収対応になります。

 

こうした万が一の押収・返済困難を避けるためにも最近はリースカーを利用される場合があります。これはレンタル業者より車のレンタルを受けリース料を支払い続けることで自分の車のように車庫にも収容できますし好きなときに借りた車が乗れるようになるというものです。気に入ればその時点で残り負債額の支払をすることで購入できたり車検代もリース代に含まれるなどの特典があるためこちらを利用してマイカーローンを借り入れすることに対してのリスクを軽減しようとする動きが見受けられます。

 

債務整理で繰り上げ返済してもいいのか?

 

債務整理の中には何も自己破産のように借金をすべて帳消しにするものばかりとは限りません。民事再生や任意整理のように一部借金を継続して返済する方法もあります。これらの方法が選ばれる理由としてまず抱えている借金額が低いこと、後は土地や家、車などの大型財産を手放したくない時などが挙げられます。

 

これらの債務整理方法も言わば分割を残して返済を継続させるわけですので回数や一回の返済額を決めることになります。そこで毎月決められた額を返済していくわけですが、繰越で多めに払っておくことはできるのでしょうか。

 

その答えは返済先の業者に依ります。あくまでも借入額の管理をするのは金融業者側です。業者からすれば早くお金が帰ってくるということは再起不能になるまでにお金を回収できるわけですので、繰越で返済するときは事前に金融業者側に報告しておくことで受け取ってもらえることもあります。

 

ただ時々は一定額のみ返済受付とする場合もあるようで、その時は無断で返済するのでは無くしっかりと相談して対応しましょう。債務整理自体が元々金融業者とのトラブルになり得る材料でもありますので、行使した後の立ち振舞にも注意が必要です。