節約 光熱費 

節約方法光熱費

光熱費は少しの心がけで、大幅に節約することが可能です。
よく考えられるのは、電気をこまめに消したり、暖房の設定温度を下げる、水の出しっぱなしを止める、冷蔵庫の設定温度を上げるなどでしょう。
しかし、これらは誰にでも考えられる方法なので、今回は少し裏技的なことをご紹介いたします。

 

待機電力節約

 

面倒だからと、コンセントを差しっぱなしにしている家電、たくさんありませんか?これらはわずかですが、電力を消費しています。
差しっぱなしのコンセントは、こまめに抜くようにしましょう。炊飯ジャー、トースター、電子レンジ、洗濯機、携帯の充電器、照明・・・。

 

これらのコンセントを、使用しない時に抜いておくと電気代節約となります。
抜くのが面倒であれば、スイッチ付きタップを使用すると便利でしょう。

 

エアコンの設定温度を変える

 

冬は低め、夏は高めに設定する事で、節約可能となります。
冬場は、設定温度を低くする代わりに、羽織るものを増やしたり、厚手の靴下を履くなどの調整をすると、寒さを上手に凌げるでしょう。

 

夏場は、すだれ等を使用して、日陰を作るようにすると室温を下げることが出来ます。また、エアコンよりも扇風機を使用した方が節約になります。

 

お風呂

 

お風呂に適温のお湯を張るよりも、保温しておいた前日のお湯を追い炊きしたほうがガス代節約となります。
同時に水道代も大幅に節減できるのです。

 

湯垢とりのスポンジなどを利用し、お湯を溜めるのを2日に1回にするだけで、かなりの節約となるでしょう。
さらに、浴槽に蓋をしたり、保温シートを使用するとより効果的です。追い炊きの回数も減らすために、家族全員時間を空けずに入浴を済ますようにするといいでしょう。

 

気づかないうちに、無駄に使用している光熱費はかなりあるものです。
1カ月で見ると数十円、数百円の差かもしれませんが、長い目で見ると大きな節約となります。

 

節約出来たお金を利用して旅行するなど、目的を持って行うと、家族で協力し合って、より楽しいエコライフを実現できるのではないでしょうか。

 

節約方法食費

 

食費を節約するには、まず、1週間分の献立を考えてから、1週間に1度だけの買い出しを行うようにしましょう。
何も考えずにスーパーに行ってしまうと、ついつい必要のないものまでカゴに入れてしまうものです。

 

スーパーでは、購買意欲をかきたてるために、様々な仕掛けをしています。
「本日の目玉商品」「現品限り」など、こんな赤札を見るとつい買いたくなってしまいますよね。

 

しかし、安いからと買いだめして、結局冷蔵庫の中で腐らせてしまうこともあるかもしれません。
ですから、行くたびについ買ってしまう、という行動を抑えるために、スーパーに行く回数を減らすことが大切です。

 

また、一緒に行く子供や旦那さんがいると、予定外のお菓子などを買わされてしまう危険性もあります。
その為、出来るのであれば、一人だけで買い物に行くことをお勧めします。

 

そして、重要なのは、空腹時を避けることです。
お腹が空いていると、何でもおいしそうに感じてしまうものです。
すると、ついつい口が欲しがるものをカゴに入れたくなってしまいます。

 

冷静な目を持つため、お腹の空いたときの買い出しを控えるようにしましょう。

 

その他、賢い方法としては、チラシなどについているクーポンを利用したり、最安値を確認して、スーパーを巡るとこです。
しかし、このスーパー巡り、車で行ってはガソリン代がかかってしまいます。
自転車か徒歩で行ける場所で、帰りの荷物の量や重さも考えてから行動するといいでしょう。

 

 

やっぱ、節約だけ考えてても辛いっす!


 

お金を使わないように使わないように気を使っていると(笑って下さい!)時々嫌になる事もあります。

 

何ていうか精神的に仕事で落ち込んだ時があったとします。
今日はちょっとストレス発散したいな。
あ、そうだ何かおいしい物が食べたいな、、
でも財布を見ると贅沢出来るような金はない、、
ああ、何で俺って金が無さすぎなんだ??

 

って感じで一つコケると全てがコケてしまうような思考回路になってドツボにハマってしまう、、

 

ちゃんといつもは生活を立て直すために節約して頑張れているのにひょんな事から全部投げ出してしまいたくなる。

 

そんな時ありますよね、、

 

 

たまには外食でがっつり食べたい!


 

安ーい外食をするなら

 

吉野家牛丼

 

すき屋、

 

かつや、

 

なか卯

 

マクドナルド

 

が人気だし、どれも500円で食べれるからいいよね!

 

あと、うどん屋とか立ち食い蕎麦屋とかも安いしおすすめ!

 

節約ばっか考えて絶対自炊しなきゃって○○じゃないとダメだ、っていう思考回路になると自分自身が辛いので
時々は外で食べてもOKって事にしといて、安全策を考えておくといいと思う!