ウシジマ君の闇金狩り

ウシジマ君見たら闇金で借りるのはやめようって気になるよ

 


 

漫画ウシジマ君の作者は調査や取材などを徹底して行うことで定評のある漫画家としても有名であり、闇金刈りの生々しい描写から本当にあるだろうと推察されます。
闇金刈りは確かにショッキングな内容ですが、やり方と方法次第では合法であり、よくあることでもあります。

 

例えばヤミ金業者と思われる業者の連絡先を見つけ、それを警察に通報するのも広義の意味においては闇金狩りという行為に当てはまります。
違法性の疑いのある貸金業者を警察に通報することは咎められる行為ではありませんし、むしろ公共の利益のために積極的に行った方がよいことであるため違法性はありません。

 

しかし、これが脅迫や暴行などを用いてヤミ金業者からお金を無理やり奪い取るとなるとそれは犯罪になります。
ヤミ金業者は上限金利を無視するような法外な利息を請求したり、無審査無利息と称して借り手を募ったり、後で返還すると嘯いて手数料を騙し取るなど、違法行為ばかりをする業者になりますが、だからといって違法行為をもって攻撃しても良いという理由にはなりません。

 

違法性のある業者を捕まえるのは警察の仕事であり、一般人にそのような権利はありませんので、闇金狩りはあくまで通報するまでに留めておくべきであり、その他の違法行為をもって闇金を狩るという行為は奨励されません。

 

ウシジマ君の闇金狩りでは「闇金は違法なのでわざと多額を借りて逃げ切ろう」というものでした。
闇金も身元が十分に分からない人には初めから貸さないのでうまくだまして借りる事は難しいでしょう。

 

そもそも借金して夜逃げってうまくいく?

 

借金を作る際はなかなか返済のことまで頭が回りません。こうやって返していこうと考えている方法があったとしても大体は失敗するものです。なぜならお金は何をするにしても必要であるためにどこで使わざるを得なくなるか予測できないからです。その上でお金を借りて返済に困った時、夜逃げという選択肢を取ることは可能なのでしょうか。

 

夜逃げは良くドラマや小説などにも描かれていますが、実際に成功するものなのでしょうか。実際は方法さえ確立できていれば意外と成功するものです。ですがその方法とは海外逃亡であったり役所の機能もままならない集落などに逃げこむなど、およそ今の生活をすべて捨てなければ選べないような方法ばかりです。

 

特に海外逃亡に関しては事前にパスポートをもって早い段階で渡航してしまうことを決めれば難なく出来てしまいます。ただしよく考えてみてください。今まで住んでいた土地やお世話になった人、助けてくれた人などとすべて別れを告げて逃げ続けなければならないのです。そんな道徳に欠けた生き方よりももっといい生き方があるはずです。そのための救済策で法律上でも債務整理が存在するわけですから、まっとうに生きていくための方法をしっかり考えましょう。